RSS | ATOM | SEARCH
湿った雪

朝起きると、吹雪。

風も9メートルの予報。


なぜか鼻歌を歌いながら、準備する吟ちゃん。

テンション上がってる?

過酷なほど燃えるタイプか。

北海道の猛吹雪の時も笑ってたし。


「そしゃ!そやさ!」

(岐阜県の下呂弁で、「それでは、そういうことで」の意)と言い放ち、出発。


私は海沿いの9号線を。


吟ちゃんは青谷からバイパスの9号線へ。

これが、また正解。


海沿いの9号線は峠になっていて、途中に魚見台という高台がある。浜村海岸を一望。日本海。

歩いたら大変。



この道路、道路の脇から凍結防止の水が吹き出ていて、クルマでは何の心配もない。

歩きだったら、、、雨よりひどい状態になるんじゃないだろうか。


気高という町のホームセンターに寄っていたら、猛吹雪になった。

危険を感じるほどだったので、電話は出ないだろう、休憩する場所もないだろうと、少し戻ったローソンで吟待ち。

吹雪も少し和らいで。


やっぱりニコニコしながら歩いてきて、

「すごい雪だったなー。大丈夫やでー。行くわ。」

私の心配とは裏腹。


トンネルの中で休憩していたと聞いて、ナルホド。



5分も停まっていると、サイドミラーに雪が積もって(*_*)


今日は気温も4度まで上がっていたので、晴れると一気に解ける雪だった。



明日は鳥取市でホテルをとった。

雪の心配と、充電と、WiFiと、寒くないお手洗いと、お風呂!!






author:吟STAFF, category:-, 18:28
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://staff.guin.jp/trackback/1396179