RSS | ATOM | SEARCH
8,000kmを越えて、心配になってきた

道の駅あらいを同時に出発。



1キロくらい走ったところで、サイドミラーに映った景色がとても綺麗で、車を停める。

撮影。


「なになに?いい景色なの?」と振り返り、「めっちゃいい景色やん!」と感激している。


相変わらず、振り返らないんだ。

人生と一緒!?




足の裏の痛みが激しくなっているので心配。


「痛くても、何とか次の足、次の足ってテンポよく歩けてる時は歩けるんだけどさ、ちっちゃな小石の上に乗っかって、痛でっ!!って、身体がフラフラってなったら、心が折れた」と言う。


だから、ココで昼休憩にすると。


お昼ごはん食べて、しばらく休憩し、靴の中を2度、3度、調整して、午後出発。


午後からもロボット状態の歩き方。


大丈夫かな。


日本海を目の前に、目的地に着いて「病院行ってみるか?」と聞くも、「歩くのやめれば治るって言われるから、行かない」。


確かに。



支援で頂いた鎮痛湿布、鎮痛剤、あまり使ってこなかったので、まだまだたくさんある。助かります。


足の指に毎日巻いている、テーピングテープも時を経て、薬指と小指だけに巻いているだけ。あとはかかとの靴擦れ防止。

一番幅狭のテープで充分と言うことで、コレでゴールまで大丈夫。



にしても、このまま順調に歩けてしまうのではないかと思っていた矢先、少々心配。



author:吟STAFF, category:-, 20:41
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://staff.guin.jp/trackback/1396234