RSS | ATOM | SEARCH
寒河江→河北

7日朝、ごはんを炊く。暑い(´Д`; )

暑くなりそう。


山形市から北上、すぐに山辺町に入る。

吟出発。

南北に道が並行して何本かあるので、どの道進んだかわからないけど、一仕事してから私も出発すると追い越した。


その先のコンビニでマルチコピー機でプリントアウトしていると、、、

あら、いらっしゃいませ。

まさかコンビニの中で会うとは。

前日飲み過ぎて、ジュースを買いに来たそうです。


追い越し追い越され。

最上川を渡り、寒河江。

吟到着、ラジオ電話出演。


お昼は名物の「冷たい肉そば」。

鳥出汁、コシのある田舎蕎麦。

こんな暑い日には嬉しく、美味しい。

蕎麦というか、蕎麦なんだけど、、、「肉そば」っていう別ジャンル。


会場入り、セッティング、リハ。

会場が広いので機材もほぼフルセット。


はあ〜、機材の調子が悪い〜。車の振動かなぁ。

照明も割れちゃうし。痛手だわー。

予備、持ってきておいて良かった。


ライブ終了後、大勢の男性方に機材撤収を手伝って頂き、あっという間に片付いてしまった。ありがとうございます。


機材積んだ車を移動させせ、歩いて会場に戻り、打ち上げ。


同い年の社長さんに山形のワインご馳走になりました。

とても口当たりのいいワインでした。


その後、中華料理さんで2次回。

飲んで食べて、就寝。


皆さま、ありがとうございました。




翌朝(8日)は、3人で寒河江を出発。

本当は4人の予定。

前夜相当酔っ払ってしまった一名、無断欠勤。


寒河江川を越えたところで、あれ?

旗持った方が一人増えている。

河北町ライブの主催者さんが合流していた。


ライブ会場に到着し、冷たいお茶を頂き、簡単に打ち合わせ。


寒河江→河北のライブ会場が7キロと短いため、河北→尾花沢の距離が長くなってしまうので、村山まで行っておきたいと、この作戦。


さくらんぼが色づいて綺麗。


東根のさくらんぼ畑を歩いている姿を隠し撮りした後、昼合流をどこにしようかとウロウロしていると、お昼はご馳走になることになったとの連絡。

すっかり楽しんでいたようで、道の駅村山で13:00過ぎに合流し、河北ライブ会場へ。


14:00からセッティング、リハ。

15:00過ぎに完了。開場まで3時間。

ここからライブ前の懇親会のような飲み会に。

初河北ライブも火がつきました。

来年も必ず。

打ち上げでも、さくらんぼ。

おばこ錦というあまり出回らない品種だそうです。


おそうめんにも。



姫竹のごはん。とても美味しかった。


河北の皆さん、お世話になりました。ありがとうございました。



author:吟STAFF, category:-, 18:57
comments(0), trackbacks(0), - -
Comment









Trackback
url: http://staff.guin.jp/trackback/1396273