RSS | ATOM | SEARCH
ホームページリニューアル

先日、むらなが吟ホームページをリニューアルいたしました。

https://guin.jp/ 


ご意見、不具合などお気づきの点がございましたら、info@guin.jpへご連絡ください。


トップページメニューからは、このブログメニューが消えましたが、フッターメニューにひっそりと残しました。


一度止めてしまうと、再開のタイミングを逃し、逃し。期待せず覗いて頂ければ幸いです。


今年もむらなが吟共々、よろしくお願いいたしますm(__)m






author:吟STAFF, category:-, 18:02
comments(0), trackbacks(0), - -
2018年、大晦日


むらなが吟の歩いて日本一周歌い旅、今年9月16日にゴールし、その後から「ありがとうツアー」に突入。


ブログも案外時間と気合がないと更新できず、後は「吟日記」にふったものの、究極の尻切れトンボになっている状況に気にして頂いている方に申し訳なくm(__)m


一昨年、2017年2月から始まった日本一周。1年7ヵ月間、非日常に身を置くことが出来た経験は大変貴重で楽しいものでした。


稚内に歩いてゴールした吟ちゃんは、達成感でいっぱいだったと言います。


私は、、、

達成感はありませんでした。

「終わったー」と言う感覚もありませんでした。


当然の様に「始まった」と思いました。


そして、ありがとうツアースタート。


ゴールから41本のライブで本当に多くの方が応援して頂いていた事を痛感しています。

むらなが吟だけでなく、私の心配をして頂いてm(__)m

直接お礼を申し上げるツアーなのですが、お会いできない方もいらっしゃって。

この場を借りて、お礼申し上げます。

本当にありがとうございました。


しみじみと私にとっても素晴らしい旅、時間であった事に感謝しています。


この一年ではなく「むらなが吟の歩いて日本一周」がすべての節目。

具体的な準備期間を含め、約二年。

色んなことがあったなぁ。

(私事ですが。。。縦断の時は髪をバッサリカット。今回の一周の時はこの二年間髪を全く切らず。でも、足りませんでした。後一年はかかりそう。)


様々な経験を全て覚えていられない脳ミソが残念でならない(´-`)



ゴール後からは、ライブと動画編集、不定期新聞「吟日報」の変種発行に追われ、ホームページリニューアル計画に、各ライブブッキング、ポスターチケット作成に追われる毎日。


やっと休みらしい休みが昨日と今日。

心はしっかりお休みとりました(*^_^*)

暖房、お布団、水道、お風呂、ガスコンロ、洗濯機、食器が洗えるシンク、トイレに行くのが寒くない。手足を伸ばして寝返り自由。


あー、最高。



来年も素晴らしい年になります様に。











author:吟STAFF, category:-, 22:53
comments(1), trackbacks(0), - -
明日、ゴール

「吟日記で」と言いながらも余裕がらあったので、、、、



朝からゴール後の準備に追われる。

間に合うだろうか。。。


入り時間の15:30くらいに合わせて14:30に出発。


グローブもボロボロ。


ストックも、握っているところがすり減っている。

向かって右が、使い続けたストック。


背負ってきたザックも色褪せて

この荷物を背負うのも明日まで。




今日の会場は、札幌ぬーべるママのご縁。

マスターもとっても面白い方で、冷えたビールを持って吟到着のお出迎え。


愛知県安城市からの、いとう夫妻サプライズには腰抜かしていた(笑)


そして、久しぶりのライブ。


確かに「歌」で伝える人だ。


本人が変わったのか、

環境が変わったのか、

私が変わったのか。


明日、無事にゴールしたら、さらに何かが変わるのかな。










author:吟STAFF, category:-, 23:59
comments(2), trackbacks(0), - -
明日以降は吟日記で!

宗谷8:00同時出発。



利尻富士、稚内の街、ノシャップ岬まで見える。


海沿いの相変わらず北海道らしい道。


先日、氷点下を記録した沼川へ続く道道1077号線が交わる所で吟待ち。


これ以上先に進むと、カメラアングル的に利尻富士と稚内市街が離れてしまう。すっかり秋色。


でも、道路から真正面に利尻山が見えるのはこの先。


今日も無事、目的地到着。

ホッ。



そう言えば、グッと冷え込んだ日から、吟ちゃんに寒暖差アレルギー発症。

常備薬の鼻炎薬が底をつく。

効き目がイマイチな残っている薬で対応。

昨日はくしゃみしながら歩いていた。

今日は症状おさまってるみたい。


明日は歩き旅ラストライブ。

明後日、お昼過ぎにゴール予定。


明日以降、このブログは更新できないと思われます。


「吟日記」は頑張って更新しますので、お楽しみくださいm(__)m




author:吟STAFF, category:-, 19:24
comments(1), trackbacks(0), - -
心境の変化

いつも通りの朝が来て、吟8:00に宗谷岬を出発。


わずか7キロ先、9:30に宗谷村宗谷到着を見計らって、追いかける。


この辺り、スーパーもコンビニも無いので、今だに品薄状態なのかどうか、わからない。



吟到着してからも、パソコンに食いついて仕事。


ゴール目前、心境が変わって来たという。

日本縦断の時とは、全く違う感覚だとか。


早く知りたい。

何を語るだろう。


author:吟STAFF, category:-, 07:34
comments(1), trackbacks(0), - -
宗谷岬

今朝も青空。


出発して、いきなり登り坂の映像を撮ります。

はぁー、キツそう。



で、追い越した先は、山道。


斜里の手前を思い出す、熊が出そうな道。

熊出没注意の看板があったら、吟ちゃんからあまり離れないようにしようかと考えながら。

でも、看板は無かったので、大丈夫かな。


お先に行きます。


撮影ポイントと思える綺麗な景色が続くけど、カメラにはおさめられないだろう。



早々に9:00前に宗谷岬に到着。


宗谷岬公園に登ってみたりして、到着時の撮影場所下見などしながら、吟待ち。

アップ↓

お昼前、吟、宗谷岬到着。


日本縦断出発以来。


何たら岬の時は、なぜかお天気が良いのが嬉しい。

写真撮影は順番待ち。


昼間は観光客で賑やかだけど、夜は静か。


灯台の灯りが、サハリンまで照らしいる。

と、思う。


あと4日!



author:吟STAFF, category:-, 23:59
comments(0), trackbacks(0), - -
日本晴れ

昨日の夜は、ぐっと冷えた。

冬用シュラフに切り替えておいたので。ポカポカで眠れた。

朝、ペットボトルの水が冷蔵庫で冷やしたくらい冷たかったので、それくらいまで冷え込んだんだと思う。


8:00に吟出発。

あまりのお天気の良さに動画撮影にも力が入る。


Wi-Fi利用してYouTube歌い旅vol.30をアップロードして、出発。


昨日行った鬼志別のQマートへ。

まだまだ、品薄。節電。

それでも、ロックアイスは買うことができた。


ここから内陸の道で、吟ちゃんが歩いて居る海沿いの国道に出られるようなので、その道で進む。


途中、高台に上がって壮大な景色が広がる場所。写真撮ったけど、肉眼で見るパノラマ感とは程遠い。



海沿いの知来別に出て吟ちゃんを追い越す。

撮影などしながら、、、稚内市に入り、目的地到着。


被災したファンの方からも逆に応援メッセージ頂いたり、全国で応援して頂いている。


あと少し。

日にち的には余裕があるので、ラストスパートというほどの速さではないけれど、確実に進んでほしい。

author:吟STAFF, category:-, 23:11
comments(2), trackbacks(0), - -
屈斜路湖じゃないよクッチャロ湖

一昨日、厚真・むかわのファンの方でお名前がわかる方の無事が確認出来た。


昨日、クッチャロ湖8:30吟出発。 


クッチャロ湖。【※屈斜路(クッシャロ)湖ではない】


浜頓別のスーパー、部分的に品薄。

地元の方が求めるモノは買わないように。

と言っても、大したものは買わないけど。



猿払村の目的地到着に行くと、アブの襲撃の様子をこんこんと聞く。

虫除けじゃ効かないだろうし。どうしたらいいんだろ。

鎧か。。。


動画編集、歌い旅Vol.30が完成。




最近、なぜか早起き。

今日は5:30に目が覚める。なぜ。。。もっと寝たいのに。


朝ごはん7:00に食べて、8:00過ぎに吟出発。

私も同時出発で、猿払村の中心街へ。

ポロ沼の手前で猿払村役場の看板があったので、そこで左折。

寂しい道を進んで行くと、雄鹿三頭。

ジッとこちらを見ていたけど、写真撮るときには後ろ向き。


銀行と郵便局行って、Qマート。

小さいながらも案外何でも売っている。

やはり、震災の関係で品薄。

私の求める氷は売っていないのか、売り切れなのか。


セイコーマートでも氷は売り切れ。

近くの漁港では、機械の故障で氷を譲れないとの事。

明日の朝までは何とかクーラーボックスの中も冷えていてくれそう。


猿払の道の駅、吟到着。

今日は右の背中が痛いと言う。


ゴールまで比較的距離数は少ないので、あまり心配はしていないけれど。


夕方から晴れて。

停電ではないけど、今夜も星が綺麗。

風車の上に北斗七星が見える。


あと6日。

頑張ってー!!






author:吟STAFF, category:-, 21:04
comments(0), trackbacks(0), - -
枝幸から浜頓別

6日、北海道枝幸町。

AM3:00、なぜか目が覚める。

スマホを手に取っていると、緊急地震速報。


車内で身構えた。

けど、全く揺れず。

誤報?


ネットニュースで強い地震があったと知る。

3:30、父から電話。

夜中の仕事中、ラジオで「北海道で地震」の速報で心配して。

「全然揺れなかった」で、安心して電話を切る。


ファンの方から心配のメッセージも。

明け方まで速報をネット。ウトウトしかけた頃、吟身内から電話の音。


父からのSMSもこの時点で気づく。送ってたんだ。


当初は安平。

厚真は?むかわは?

厚真町までは300キロ以上離れている。

東京〜名古屋間くらい。


ラジオ、ネットで情報収集。


SNSでむらなが吟無事の報告だけはアップしておく。

全道停電との情報はあったものの、停電の実感も無く。

「じゃあ、色々頼むね」と言って、8:00吟出発。


メール、メッセージあちこちから。

返信したけど、届かなかったという人も。


トンネルで追い越し、私は8:30前には浜頓別町の街中。

店舗真っ暗、信号機もついていないので、停電を実感。


この時間で空いていたのは、店内真っ暗なセイコーマートだけ。

私が必要なのは、氷のみ。


レジはもちろん停電で使えないけど、ハンディレジでバーコードピッピッでお会計。

しかも「セイコーマートカードお持ちですか?」って、ポイント付くの?


公園のトイレは、使えた。

手洗いはセンサー式で水出ない。



念のため、ホーマック、サツドラ、Aコープを回ってみるも、長蛇の列。

入場制限あるらしい。


もう一軒のセイコーマートに行くと、電源ケーブル持った店員さんが出てくる。


ソーラーパネル積んでいる、この車。

「少しなら電源使えますよ」と声掛けようと思ったら、

車を店舗入り口に移動させて、マニュアルみたいな書類を手に、車から電源とっていた。

想定内か。


ゴールの16日まで買い物をしなくてもいいようにと、一昨日までに食料もガスも備えてあった。

北海道、ガソリンも半分を切らないようにしていたし、水も20リットル汲んでおいたところだった。


クッチャロ湖キャンプ場、吟11:30到着。


今日が台風の吹き返し?と思うほど風が強く、荷物が風に煽られ、背中が痛い。もう一歩も歩けないと思ったほどだったと言う。


テントを貼り、一泊。


キャンプ場ももちろん停電。

星はさらに綺麗に見えた。流れ星まで。


昨夜は関西の方から電話。

「吟ちゃんのゴール稚内に行きたかったけど、行けなくなりました」

逆に台風が大変だったのでは?と聞くと、はっきりはおっしゃってくれないものの、大変そうな言葉尻。


台風直後、京都・和歌山・三重・愛知の方とも連絡とり、かなり強い台風だったけど、特に被害は無いと聞いていた。

台風に関してはあまり情報を求めなかったので、知らなくて申し訳ない気持ちになった。



今朝起きると、この辺りの電気は復旧。


今日も作業と、平行して知人の安否確認。

少しずつ、ひとりずつ、無事の確認。


SNSが頼りになる。

でも、ファンの方でSNSやっていない人も多い。。。

けど、どこかに情報がないか常に探してしまう。


厚真町付近の電気と電波の開通を待つ。


全ての方の無事を祈るばかり。


author:吟STAFF, category:-, 21:30
comments(0), trackbacks(0), - -
北緯45度

北海道枝幸は、昨夜の台風、たいしたことなく。


ニュース見て、びっくり(゚Д゚)


今朝は普通に8:30枝幸市街を出発して行く。


私は枝幸市街に残り、スーパーの開店を待ち、スーパー開店後、出発。

ザバーっと雨が降ったけど、行先は明るいし一時的かな。


北緯45度広場に立ち寄り、目的地の神威岬。


次第に晴れてきた。


午後、台風の吹き返しの風の方が強かった。



ザックにつけている、日本一周プレート。
今日は後ろから雨が降りつけたとの事で、こんなに水が浸みたのは初めて。



夜、スッキリ晴れて、天の川。

北斗七星は、異常なほどの高さにある。

さすが北緯45度。

author:吟STAFF, category:-, 21:38
comments(0), trackbacks(0), - -