RSS | ATOM | SEARCH
GPS

今朝は雨なので、出発をお昼に遅らせるという事で、昨日の寝不足解消。


お昼すぎ、吟、宿毛を出発。


私は通販で買った音響パーツを受け取りに。

佐川の営業所が少なくて(;´д`)

通り沿いにあると嬉しいのだけど、、、内陸に10キロ入ったところ。往復20キロ。


旅先での荷物の受け取りは、どんな配送方法でも、郵便局かコンビニできるといいなぁ。


荷物を受け取り、本日の目的地、大月町に向かう。


お遍路さん用の休憩所がたくさんあり、吟ちゃんも助かっているって。

コンビニにも。



自分が何をしていようが、後から追いかける時「大体この辺で吟ちゃんが歩いているだろう」と、おおよそ想像が付くのだけど。


あれ?いない。。。


私も間違えそうな三叉路を足摺岬方面に右折しても、いない。


間違えてるかもな、と思ってGPS検索。

やっぱり。

左に行っちゃってるわ。


もしかしたら、引き返している途中かもしれないし、そのうち気づいて引き返すでしょう。

間違いも旅のうち。


と思っているので、放っておこうと思ったけど、歩き終わったら毎日のレコーディング作業もあるし、知ってしまった以上黙ってもいられない。


連絡すると、

「あ、やっぱり?なんか車の通りも少なくて」と、薄々気づいていたみたい。


今日は、歩きの距離は短いのに、目的地の大月道の駅に着いた時「今日は何だか疲れた」と。

間違って進んだ道を戻るのって、かなりの労力。

車なら、なんて事ないけど。


今日も、お疲れ様でした。


数百メートルとはいえ、今夜は私に感謝をして、飲んでください。





author:吟STAFF, category:-, 18:59
comments(0), trackbacks(0), - -
愛媛県の南の町

昨日朝、須ノ川を出発し、愛南市街へ。

コインランドリーを探しながら国道を走っていくと、街を通り過ぎてしまった。

国道には無いらしい。

旧道に入り、スーパーフジにあった。




お天気が良くて。

山は秋色。


愛南の街に入る手前のA-MAXというスーパーセンター、なかなかの品揃えで。広告の品が特に安い。


気になるスーパー「しんばし」は、地元の方オススメのスーパー。

鰹の刺身はココが良いらしい。


13:00ライブ会場入り。

ショットバー。


セッティング後、マスターが町を案内してくれる。


まずはの「紫電改展示館」

名物ガイドさんをつけてくださって、意気投合。

長い長い。

でも、とても貴重な話も聞けた。

ありがとうございました。


時間のある限り、町を案内していただいて。

ライブもすっかりお世話かけてしまった。


この町にショットバーがあることが素晴らしい。

こだわりの数々に脱帽。


いいところ。愛南町。


ライブ後も色んな話で盛り上がり、深夜1:30。

歩かなくていいいなら、まだまだゆっくりしてた。
3:00就寝。7:00起床。


朝ごはん食べて、今日も出発。

今日こそ「しんばし」で深浦産カツオのお刺身を購入。

お昼前に県境待ち、撮影、高知県入り。

高知県に入ると、言葉がガラッと変わった。


宿毛では、だるま夕日というのが見られるとの事。
期待して見に行くと、大勢の人が夕日を撮影していた。


今日は残念ながら、だるまにはならなかったけど、真っ赤な夕日が見れた。


高知県はどんな県だろう。


昨夜「高知は酒飲みには嬉しい町」と聞いたけど。。。

楽しみ。



author:吟STAFF, category:-, 19:18
comments(0), trackbacks(0), - -
キャンプ場

今日は須ノ川キャンプ場で一日パソコン仕事。


水場があるので、ありがたい。

だけど、お昼は簡単料理、五島うどんの地獄炊き。



こんなものを作ってみた。

わかりやすくていいかな、と。

SNSは、フェイスブックページ、ツイッターに入れようと思う。


あと、インスタグラム(guin.muranaga)。

なかなか、動かせていない現状。

ブログと違う情報では、申し訳無いなと思い、あまり更新してこなかったけど「インスタ映え」に乗っかってみようか。



愛南町のご当地キャラクター。

しっぽの魚は、イワシかと思ったら、カツオだって。

宇和島で「深浦産」と書かれた、いい感じのカツオの切り身があった。

深浦ってどこ?


ググって、愛南町。

なるほど。


愛南町付近まで行ってからのお楽しみにしようと諦めてきたので、今から楽しみ。



author:吟STAFF, category:-, 18:43
comments(0), trackbacks(0), - -
お遍路さん見かけた

雨上がりの道の駅津島を出発。


今日は洗濯をしたい。でも、ちょうどいい場所にコインランドリーは無く、断念。


コンビニにて、日本一周歌い旅後半のチラシpdfデータ、アップロードしました。

→http://dp04159852.lolipop.jp/guin-nipponissyu.pdf


ここまでのルートもこれからも変更有り。

余裕を持った、間に合わない事がない予定ルート。

小さな半島をパスしたり、フェリーの発着場所を変えたりして、歩きの休みを作ったり。


順調♪


今日はコンビニの駐車場で、いかにも!のお遍路さんを見かけた。


その後も3人ほど。

いいなぁ。


いつも心配のトンネルも、歩行者に優しく歩道もあり、安心。



今夜はここが宿泊場所。


author:吟STAFF, category:-, 19:08
comments(0), trackbacks(0), - -
四国初ライブ


昨日は歩きはお休み。

宇和島で一日パソコン開いていたら、いつの間にか暗くなっていた。


とあるご縁をきっかけに、宇和島でライブができることに。

四国での初ライブです。

人の縁ってやっぱり不思議。


那覇で広島県の飲食店のカリスマのヒデさんから宇和島に繋がったのは、魚養殖のカリスマのとくさん。

とくさんは「ヒデさんの無茶ぶり!」

という表現。


ですよね。


元々、一番の無茶ぶりをしたのは、私からかもしれない、、、とも感じつつ。


とくさん、全く畑違いの職種なのに申し訳ありやませんでした。

私がいつか、魚養殖を始めようと思ったら、相談に乗ってくださいm(__)m


気さくなよねさんと可愛いオーナーのライブバーにも出会えて、音楽好きが集まっての夜は楽しかった。


1:30にお店を後にし、私は3:00就寝。


宇和島で楽しい夜を過ごせて満足し、しばらくの宇和島滞在をやめて次の町進むとさ。



今朝9:30起床で、宇和島城に同行。


登り口には竹の杖がたくさん置いてあるので、相当キツイのかと思ったら、案外たいしたことなかった。


石垣、石段を見ては「いいなー」を繰り返す。

「え?1時間半も居た?」と言うけど、

いちいち礎石のあるところで立ち止まるんだから、長くなる訳よ。お昼、宇和島城出発して行った。



午後、本降りに。

雨カウント7。


それでも、1時間くらい本降りになっただけ。靴中は全く濡れず。


津島の道の駅に到着後、昨夜のライブバーのよねさんが応援に来てくれたらしいけど、あちこち寄っていたから会えなかったのかな。残念。


今夜は道の駅にお風呂がある。

嬉しい(^-^)

author:吟STAFF, category:-, 19:14
comments(0), trackbacks(0), - -
秋らしい

西予市出発時は霧。

みかん畑と海から離れ、トンネルをいつも抜けて、伊予吉田という町。

生きた商店街を通り抜けて、


宇和島道の駅へ。


途中の和霊神社の紅葉が綺麗だったので、歩いて吟撮影に向かう。

予想より速い速度で歩いていたので、和霊神社前に間に合わず(-_-)


少し頑張って歩くと、汗ばむ陽気。最高気温18度。


鹿児島、宮崎は紅葉があまり無くて。

鹿児島の方は温度差が無いから紅葉しないんだ紅葉を見に行きたい、とおっしゃっていた。


大分県津久見は、もちろん、みかんだった!


愛媛県、みかん収穫に、美しい紅葉。

しみじみ、秋を感じている(´ー`)



author:吟STAFF, category:-, 19:05
comments(0), trackbacks(0), - -
四国入り

津久見ホテル8:30吟出発、見送り。

10:00までのネット環境をありがたく使い、出発。


臼杵フェリーターミナルまでわずか10キロ。

少々遠回りしたにしろ、私の方が5分遅れで到着(-_-)


臼杵港から八幡浜。


船内はとっても綺麗だった。



船の中では、九州の思い出?やえちゃんから頂いたカップラーメン。

インスタントは匂いがー。周りの方すみませんと思ってないたら、タイミング良く狭い軽食コーナーには誰もいなくなった。


無事、愛媛県八幡浜市に到着。

山の斜面に、みかん畑が広がる。


美味しい、みかんでした。





今朝は曇り空。

雨もポツポツ降り出して、吟八幡浜出発。


郵便局へ。日曜日だ。ゆうゆう窓口利用。


スーパーはフジ。


お昼峠の途中で合流。

雨宿りしていた。

お昼休憩中は雨が降り、午後もまた小止みに。目的地、西予到着後、雨が強くなる。

靴の中も濡れていないようなので今日は雨カウント無し。


四国はもともと縁が少ないので、ライブも少なくなるけど、たくさん縁を作って行くぞ。


author:吟STAFF, category:-, 18:53
comments(0), trackbacks(0), - -
つくみん

佐伯から津久見までは、海沿いの道23キロか、山道17キロか。

前回は山道を行ったので、海沿いを選んだそう。


うっちゃんから電話で途中の浅海井(あざむい)と言うところに「ライブに来てくれた人が酒屋やっょるけん、寄っちょくれー」

良かった。まだ通り越してない。



鯨の墓看板に誘われて車を停める。



上の斜面には石垣が残っているから、畑か民家があった?



そこから後から来る吟ちゃんを撮影。

蜃気楼みたいに見えると海を差す。


おお〜。珍しい。


酒屋さんに寄ってけいさんと、お話ししていると、腰の曲がったおばあちゃんが入ってきた。

吟ちゃんの姿を見るなり「あらー、何するか知らんけど、元気だねー。元気な人見ると元気になるわ」って、曲がった腰をシャンと伸ばしていた(^_^)



津久見市に入ったところの湾内にイルカの群れが。釣り人も竿を置いて撮影に夢中。


と、そこに昨夜ライブに来て頂いた方が通りかかったと、わざわざUターン車を停めて駆け寄ってきてくれた。

「イルカの群れがいるんですよ!」と吟ちゃんが言うと、

「あー、ココはねー。」

あれ?そんだけ?

珍しい事でも無いのかぁ。


津久見イルカ島があるから当然?


津久見は2ヶ月前の台風18号で洪水、土砂災害で駅前から商店街もかなりの被害を受けていた。

津久見のライブ会場は駅前で、知人も多くいらっしゃるので連絡をとり、皆さん無事との事「元気を届けに来てください」とのオーナーの力強い言葉に、開催。


車で走ると、災害の爪跡はほとんどわからないほど復興しているように見える。

心配していた皆さんの生の声。その被害の大きさを感じた。


津久見の方は元気で明るかった。以前よりも。元気をもらうのはいつもこちらの方。


吟ちゃんの応援、応援と色々して頂いてしまう。

こうちゃんも「津久見に来たらこれくらいはさせてくれ」と。

オーナーも店長も。

何も返せないけれど、とにかく吟ちゃんが日本一周を達成することが、お返しかな。


author:吟STAFF, category:-, 23:50
comments(0), trackbacks(0), - -
佐伯

23日、佐伯市へ。

午前中は、かなりの峠道。


いい場所見つけた。

お昼は番匠川の堤防公園で、ご飯を炊き、親子丼。

お味噌汁とお漬物。


番匠川を渡ると佐伯の街。

うっちゃんがライブ会場上のホテルを用意してくださって、しかもチェックインを早くしても大丈夫ってことで大助かり。


15:30会場入り、搬入。

主催のうっちゃん「ライブ前の小夜食しましょう。ゴマだしうどんか、海鮮丼「小」か、どっちがいい?」


前回は佐伯名物ゴマだしうどんを頂いたので、今回は海鮮丼をリクエスト。

やっぱり、佐伯も海の幸が美味しい♪


これで「小」?

ぱっちんエビ(うちわえび)のお味噌汁。

お腹いっぱい。



延岡からの浜ちゃん、嗣ちゃんサプライズも危うくバレそうになる瞬間もあったけど。


打ち上げに浜ちゃん、嗣ちゃん参加の段取りもしてあって。

佐伯メンバーが忙しいらしく、打ち上げに参加できず。延岡にいる様な夜。


2回目の佐伯、今回もたくさんの出会いに、佐伯の今後の展開が楽しみ!

ありがとうございました。


author:吟STAFF, category:-, 23:34
comments(0), trackbacks(0), - -
いい季節。

延岡市須美江でのBBQが終わり、片付けた際の氷が翌朝、まだ残っていた。

夜は3度まで下がったみたい。


すでに真冬用のシュラフを使っている。

10度前後が一番厄介な時期で、3シーズン用では寒いし、真冬用では暑い。暑いとシュラフを脱いで風邪をひくので、5度以下まで下がってくれた方が気持ち良く寝られる。


クーラーボックスの氷も解けないし、日中は晴れればポカポカ暖かいし、宮崎・大分で、この旅中では一番いい時期かも。


朝ごはんを炊いて、しっかり食べて出発して行った。


キャンプ場を来た時よりもビューテホーにして、後を追いかけると、自転車の方と話しているところ。

「また、いい出会いがあったのかな。」


天気が良くて、まだランナーズハイ状態みたいなので、足の裏の痛みも無く、快適に歩けている模様。


須美江から先、とても寂しい道も多い。

和歌山県の国道311を思い出す。

リアス式海岸、上り下りの連続。

車の通りも少ないので、海が見えるような展望納屋や、木が剪定されているわけでもない。

ポツポツとある小さな町が楽しみらしい。


走って行くと、峠の上で大分県の看板。

県境!!

延岡市は大分県に接しているのね。

佐伯市蒲江へ。


波当津の浜。


ここで一泊。

なかなか眠れなくて、夜中0:00過ぎまで起きていた。お手洗いに行った時、空中に白い筒のようなものが浮かんでたように見えたけど、気のせいかな。


昨夜はあまり気温が下がらなかったようで。


朝ごはんは、延岡でお餅を頂いたので、お雑煮。お正月っぽい。


今日は蒲江まで、寂しい峠道。雨もポツポツ。

頑張れー!!

上だけカッパで大丈夫だった一日。

雨の日のカウントに入らず。


この9ヶ月で、今のところ歩いているときに雨に降られた日は、6日だけ。

さすが。









author:吟STAFF, category:-, 18:55
comments(0), trackbacks(0), - -