RSS | ATOM | SEARCH
日南海岸



鬼の洗濯岩。南国・・・
出発時の5時台は薄曇りで、涼しかった。
海岸線を歩いている人、走っている人、自転車、バイク。
夕日だと思って眺めました。


一昨日まではこんな状態でしたが、


今日もランナーズハイ風の状態が続いている様子。
湿布は要らないと言っています。

author:吟STAFF, category:日本縦断 歌い旅, 17:45
comments(5), trackbacks(0), - -
宮崎市LIVE
 
宮崎のライブバーSOHOです。
楽しみに待っていていただきました。

まだまだゴールは先だけど、少しは先が見えてきた。
考え方や思いが変わってきた様に感じます。
言う事が今までと違う。

リクエストがあった「道」
私もじっくり聴き入って、歌詞が全て今回の旅に当てはまる。

むらなが吟も、相当な気合を入れて、むしろ淡々と歌わないと涙が出てしまう。と言っていました。
泣いてしまったら、歌にならないので「どんな心境であっても歌いきる。」

たった5分程度の一曲で、頭の中は一本の映画を見たかの様。
リクエスト、ありがとうございました。



ライブも終わり、少しお腹が空いたので、コンビニに走ると、
宮崎名物「冷や汁」が売っていました。
コンビニのものでも、やっぱり美味しい。

この日は、「宮崎の宿泊を私におごらせて」と、ファンの方が用意してくださったホテルに宿泊。
チェックアウトの際、「お荷物をお預かりしております」。



受け取ると「宮崎名物の詰め合わせ。
ありがとうございます!

必ずゴールして、また、秋に宮崎LIVEで。



author:吟STAFF, category:日本縦断 歌い旅, 06:55
comments(3), trackbacks(0), - -
動画【YOU TUBE】関西から九州上陸まで
お待たせしました。深夜にアップロード完了しました。

ボリュームが若干大きいかもしれません。再生の際はお気をつけください。



 むらなが吟 日本縦断 徒歩3600Km 歌い旅 12
6/27京都〜7/23福岡県九州上陸まで

挿入歌
1.琵琶湖就航の歌
2.我は海の子
3.赤とんぼ
4.夕焼け小焼け
歌・ギター むらなが吟
author:吟STAFF, category:日本縦断 歌い旅, 07:29
comments(2), trackbacks(0), - -
一刻も早く動画を・・・
早く動画をYOU TUBEにUPしたくて、連日 (;´Д`A ``作成しています。

ブログを後回しにして時間を費やしてきました。

今朝、ようやく九州までが完成。

モバイルネットではアップロードにかかる時間が300分・・・

今夜はホテルをファンの方が用意してくださったので、
ホテルでアップロードしようと、チェックイン。

早速、ホテルのインターネット有線に接続。

されず・・・

フロントに相談。

なぜかホテル全体が繋がらない状態になっている?
それとも、私のPCのせい?

よくわかりませんが、ライブ会場の入り時間になってしまい、いったん中断。

ライブセッティングが終わり、ホテルに戻ってきました。

繋がるようになっている。

今夜中にはUPできそうです。
author:吟STAFF, category:日本縦断 歌い旅, 18:59
comments(2), trackbacks(0), - -
申し訳ないくらい

美味しい思いさせていただきました。

お世話になっている浜さんの料理と、楽しい会話。
昨夜のご馳走。


お刺身はマグロときびなごです。



信州蒸し。
お蕎麦の上に白身魚を乗せて蒸したもの。
ツグさんが注文されたものを譲っていただきました。
私だけがいただきました。お出汁が優しい。


五ヶ瀬川の鮎。


延岡の牡蠣。



たまたま、合流した社長がワインを。
赤ワインに合う宮崎牛。

揚げにんにくとワサビ塩でいただきました。


「西の関」をこよなく愛する浜さんの奥さんとぬる燗でいただきました。
私も「西の関」を愛しています。
日本酒を外で、人と飲むことはめったに無いので、
奥さんとお酌しながら飲む感覚は至福の時でした。


そして、今朝は二度寝、三度寝し、朝昼兼用の食事も頂き、今日一日、お部屋を借りて作業しました。


そして、また今夜。
また、美味しいものを。


まず、かに味噌。
日本酒がほしくなります。

オコゼのお刺身。
写真が無い・・・(動画撮りました。)
肝、日本酒に合いそう。。。。


セミ海老という海老です。
味、濃い!



延岡名物メヒカリ。今日は塩焼きです。
日本酒が合いそう。

  
笹寿司とオコゼの赤だし。

「日本酒ほしいでしょ?」の言葉に「はい」
京都のお酒を冷で出していただきました。


そして、今夜も奥さんと「西の関」。


銀杏。塩の付き方、素敵。


来ました!
宮崎のマンゴー。
熟れてる、甘ーーーい♪ 
マンゴーはウルシ科なんだそうです。その味よくわかります。


身体も心も、癒された3日間。


本当に浜さん夫妻におんぶに抱っこしていただきました。
重かったことでしょう。
食事からお洗濯まで。
本当にありがとうございました。



明日からも頑張ります。

author:吟STAFF, category:日本縦断 歌い旅, 23:40
comments(6), trackbacks(0), - -
浜ちゃんと一緒

2日間、全工程を一緒に歩いてくださった浜さん。

道案内もしていただいて、ありがとうございます。
大きなチヌとイサキとボラがウヨウヨいる港で休憩したとか、釣りの話、街の話、楽しかったそうです。

この2日間は暑くなかったし、本当に楽だったと。

出発当初は必ずマッサージをしてから寝ていたのですが、
後半から、マッサージなしになっています。

足の裏を押して、湿布を貼るのは欠かせません。

先日からふくらはぎが少し張っているみたい。
肩と腰の調子は、湿布を貼るほどではない様子。

朝5時起きが今日まで一ヶ月毎日続きました。
明日は歩きはお休みですが、むらなが吟はレコーディング、
私は動画編集(関西から一気に九州入りまで)します。

明日は5時に起きない!
もう少し、寝ます。



宮崎県でまだ産直には寄っていないので、手の届かないマンゴー、見かけたらまたご報告します。

昨夜は打ち上げで私も飲めました!
今夜も皆さんと・・・嬉しい♪

author:吟STAFF, category:日本縦断 歌い旅, 18:06
comments(2), trackbacks(0), - -
延岡カルダンLIVE


 

首を長ーくして、待っていてくれました。

「北海道から、歩いて来ました」

もちろん、歩いている事を知らない方もいらっしゃっいます。

「歩いて佐多岬まで行くの?遠いよー」
宮崎県でも言われます。


開演。
18:15終演。
皆さん程よくお酒に、歌に酔っていただきました。

まだ、外は明るい。

朝から一緒に歩いてくださった浜さんのお店、割烹浜吉さんで打ち上げ。
カルダンマスター、キタバさん、本当にありがとうございました。
author:吟STAFF, category:日本縦断 歌い旅, 07:15
comments(2), trackbacks(0), - -
昨日のお昼ごはん




ちょうどいい川原で食事。
心地いい風と木陰。

食べ終わった食器も、川でサッとすすいで。

いい時間でした。
author:吟STAFF, category:日本縦断 歌い旅, 09:05
comments(3), trackbacks(0), - -
昨夜のおつまみ
 

夜の食事は、まず、お刺身です。
たいていマグロですが、昨日寄ったお店には、マグロが無く。。。
佐伯の個人鮮魚店へ行ってみたら、アジしかない。
違う店に行こうかなとも思ったのですが、
おばあさんが一人でお店番していて「地元のアジ美味しいよ」と言われ、即購入。
関アジ・関サバで有名な、豊後水道のアジです。
美味しかった。




朝は忙しい。
洗面、着替え、足のテーピング、食事、車内の整理、日焼け止めを塗り、出発前のブログ・・・
「なるべく早く出発したい」という気持ちがあるのでダラダラしません。
そんな忙しい中、警察官の方がやってきて職務質問。
私たちの車は名古屋ナンバー。

「佐伯(地元)の方ですか?」・・・て。

まずは、車に乗っている人に声掛けるとき、車のナンバー確認してから声掛けませんか?
せっかく貼ってある車のステッカー、小さいけど一応見てほしいなぁ。

昼夜構わず、パトロール強化中だそうです。ご苦労様です。




ちょっと時間をとられてしまったことと、寝起きスグに食事はキツイというので、
今朝は食事せずに出発。
出発40分ほど歩いたところで朝ごはん。
author:吟STAFF, category:日本縦断 歌い旅, 09:03
comments(2), trackbacks(0), - -
臼杵・津久見

昨夜のライブは、繋がるべくして繋がったと
みなさんが感じたようです。


主催者さんは、このお店がどの様なライブ会場になるのかは深く考えていらっしゃらなかったようですが、とにかく「快く会場を提供してくれた」が、決め手。
オーナーもマスターも素敵な方でした。
お客さんも素敵な方々。
津久見、またひとつも二つも縁が広がった日でした。

主催者さんは、津久見のある会社の社長さん。
「私は一生、この土地に居るから、外から来た人と楽しみたい」。

出会って7年ほどたちますが、毎回、津久見に来るたびに「おもてなし」してくださいます。

「おもてなしには 裏もなし」という言葉を思い出しました。

そして、打ち上げ後、朝ごはんにと持たせてくれた「釜めし」弁当。
濃いめのおコゲが◎

今日はホテルに泊めていただきました。
朝食付きですが、朝食は7:00から。
チェックインの際、5時に起きて6時に出発するむらなが吟は
「明日の朝食は7時からでございます」の言葉にショックを受けていた。
「7時?おそっ!」
₍歩き旅やっていなかったら「7時?早っ!」と言っているでしょう。₎

5:30に釜めし食べて、今日も出発。



さて、時間的に戻りますが、
津久見の一つ手前の町、臼杵市で少し時間があったので街を歩きました。

食べたことはありません。



大分県といえば、かぼすです。
スーパー、産直にはレモンはなくとも、かぼすが10個くらいが1ネットに入って並んでします。
お土産ものも、カボスケーキ・クッキー、柚子胡椒ならぬ、かぼす胡椒。

かぼすソフト、かぼかぼジュース。
気になる。
早朝、営業前で食べられませんでしたが、次回食べてみようと思います。



author:吟STAFF, category:日本縦断 歌い旅, 09:38
comments(5), trackbacks(0), - -